院内設備

院内設備

往診について

診療メニュー

眼科一般

小児眼科

花粉症について

糖尿病、甲状腺などの内科疾患に伴う眼症状

眼鏡・コンタクトの処方

眼の病気について


QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

機器のご紹介

3次元眼底像撮影装置

◆ 3次元眼底像撮影装置

3次元眼底像撮影装置では、視神経や網膜の状態を測定し、緑内障などの症状に対する治療方針や治療効果の判定に使用いたします。
また、黄斑部疾患などの加齢黄斑変性の検出にも優れております。


機器のご紹介

視野検査機器

◆ ハンフリー視野計(静的視野計)

視野検査器は、主に緑内障の診療で使用をいたします。この装置では、視野がどの程度見えなくなってしまっているのかを正確に調べることができ、早期に緑内障を発見することが可能です。
そのほかにも視神経疾患などの有無も調べることが可能です。



◆ ゴールドマン視野計(動的視野計)

ゴールドマン視野計は大きさの違う光を使用し、検査員が外側からゆっくり動かし、光が見えたらブザーを押し、視野を測定する検査器です。この検査は、両目で行わず片目で行います。また、測定時にわかる病気は、緑内障や視神経病変、頭蓋内病変に伴う視野の欠損にも有効です。