院内設備

往診について

診療メニュー

眼科一般

小児眼科

花粉症について

糖尿病、甲状腺などの内科疾患に伴う眼症状

眼鏡・コンタクトの処方

眼の病気について


QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

*****

糖尿病・高血圧などの内科疾患に伴う網膜症(糖尿病網膜症)は、腎症、神経症とともに糖尿病の三大合併症の一つで成人中途失明の主要な原因です。糖尿病による失明は、年間3000人程度といわれ、注意が必要です。


しかしながら、眼科を受診されなかったり、受診しても内科だけという方も多くおられますので、早期からの血糖コントロールと、自覚症状が無い場合でも、定期的に眼科を受診されることが重要です。
病気の進行によっては、ある日突然、眼底に大出血や網膜剥離を起こして、失明の危機にさらされることがありますが、早い段階で網膜症の罹患が分かれば、治療効果も上がります。


糖尿病で眼科にかかられていない方、または一度はかかっても中断してしまった方も、大切な目を守るために、お早めの受診としっかりした管理を受けられることをお勧め致します。

網膜硝子体疾患について

目の奥の疾患には、網膜剥離・出血・黄斑円孔・黄斑変性症など様々なものがあります。


自覚症状として、視力低下、ものが歪んで見える、ものが大きく見える、ものが小さく見える、黒い虫のようなものが飛ぶ(飛蚊症)などがあります。


特に飛蚊症は、多くの方が良く経験される症状であり、眼底疾患が原因となっている場合と、加齢性変化による良性の場合があり、眼底検査を行って原因を確定する必要があります。
原因疾患が見つかった場合は、疾患によってレーザー治療や内服治療、手術治療を行います。